スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

不良だった自分が、高校中退したときの話し。

どうも、エレファントです。


随分昔の話しですが、自分が高校生だった頃、
まだ不良はいて、チーマーが出現した頃でした。

自分は服装だけ、短ラン・ボンタンのカッコだけ、
ヤンキーでした。

当時、湘南爆走族のマネしてスリッパを、
はいていたのを覚えてます。

昼から学校に行き、授業中は寝てました・・・
(うるさい生徒をしかったことがある。
先生の仕事でしょ?w)

トイレでタバコ、廊下で花火。

でも、ケンカはしないです。


そんなわけで、まともに授業でてないので、
半年ぐらいで先生に、単位が足りないと・・・

そのとき、好きな子がいたのですが、
マジメな子だったせいか、付き合えず・・・
(不良女子は、寄ってきたけどw)

それで、学校行くのがつまらなくなり、
先生に学校辞めることを、言いに行ったのですが・・・



「よし、辞めろ!」



一言で終了~

そのときは、別になんとも思わなかったのですが、
今思えば金八先生みたいな、熱い先生はそういないもんだなとw

現実なんて、そんなもんさ!


by,エレファント


スポンサーサイト
category
エレファントアンベ日記
genre
日記
theme
日記

Comment

Trackback

http://elephantanbe.blog129.fc2.com/tb.php/8-ee0d6da3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。